» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

MFABBG

Author:MFABBG
間中木工所 新米シャチョー 間中治行のブログ
オーダー家具の設計やってます。
お気軽にコメント下さいませ。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ADBE CREATIVE SUITE3 入手

待望のアドビのCREATIVE SUITE3 のバージョンアップ版が手元に届きました。今回の目当てはフラッシュの最新版と、フォトショップのEXTENDEDです。
弊社のトップページで使用しているフラッシュコンテンツはこの最新版で作りました。フラッシュはアニメクリエータ向けと思われがちですが、意外に、物造りの人間には大変重宝するツールです。家具の場合動きの機構を伝える為に使えます。3DCGアニメーションでもリアルな動きは再現できますが、スクリプトが使えなかったり、ライティングの難しさなど、時間をかけた割りにイメージが伝わりにくいものだったりします。フラッシュは動きのスプリプトを作成でき、画像の差し替えや動きの制御ができるのが良いです。また最新版では、フォトショップのレイアがそっくり生かす事ができるので、元ネタはフォトショップで作り上げ、動きだけをフラッシュで編集するなどの使い方をしています。またフォトショップではバニシングポイントの機能が強化されています。バニシングポイントとは、立体的にイメージをマッピングできるツールで、素早くテクスチャーを貼付ける事ができます。3Dのレンダリングでは、時間がかかるのと、せっかくテクスチャーマッピングをしても、これもライティング効果でイメージが変わってしまう場合があり、結局フォトショップの編集頼りとなってしまいます。最近の手法として3DCGソフトでワイヤーフレームの陰影消去レンダリングをし、アウトラインを出力し、フォトショップで、バニシングポイント指定をした後、テクスチャーを貼付けます。テクスチャーは自由に変える事ができるので、例えば、アッシュのイメージやローズウッドのイメージなど、木目を瞬時い変える事ができます。
3Dソフトでレンダリングした例↓ 木目のイメージが損なわれています。
SUGI.jpg


陰影消去レンダリングした例 ↓
アウトラインのみをレンダリングし、画像として保存します。
20070807233340.jpg



フォトショップのバニシングポイントでテクスチャーを貼付けた例 ↓
木目の質感も表現できています。

SUGISAMPLE.jpg



スポンサーサイト
CG08.07(Tue)23:34コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。